MENU

 35歳の人妻と知り合うことが出来、テレホンセックスに発展をしてかなり楽しんでしまいました。
もちろんそれだけで終わらせるつもりなど全くなく、人妻のセフレを作るために、彼女にリアルでの関係を提案していたのです。
そもそも彼女も性的な不満がたまっていて、出会い系サイトJメールに登録していたと言うこともありましたから、こちらの話も快諾してくれたのです。
これでようやくリアルに、人妻がセフレとなる時がやってきました。
テレホンセックスをした2日後、時間調整をして待ち合わせ場所も決めて、アポになっていったのです。
その日は朝からかなりそわそわしていました。
初めてのセックスフレンドとの関係ですから、朝から風呂に入り身体を綺麗にし、一番良い服を着て待ち合わせ場所に出掛けていったのです。
初めて会う女性だから、本当に来るかどうかと言うのはわからなかったのですが、手応えはかなり感じていました。
10分ぐらい遅れて彼女がやってきてくれた時は、さすがに嬉しくて満面の笑みで挨拶をしてしまいました。
そのままラブホテルに移動、人妻のセフレと2人だけのエッチな関係を開始していきました。
やっぱり人妻というのは、経験を持っているし、欲求不満ということでその乱れ方が激しいものでした。
豊満な肉体をしていて、感動も抜群で、愛撫でかなり乱れてくれるのです。
自分もセックスが久しぶりだったことと、相手のエロさにペニスが勃起を続けていました。
彼女にたっぷりとフェラチオをしてもらって、すっかりとそんな気分になってしまい、オマンコをしっかりと舐めた後に挿入になったのです。
彼女の喘ぎ声を聞きながら、無我夢中になって腰を動かしペニスを肉の穴の中で運動させていきました。
それに比例するかのように、エロい声を出し続けてくれる人妻。

かなりの興奮度のまま、ピストン運動を継続し、思いっきり溜まった精液を大噴射していったのです。
欲求不満の既婚女性の激しさに、すっかりと興奮をして激しくセックスを楽しんでしまいました。